ブラックフォーマル喪服のお勧めは、前開きとワンサイズ大きめ

喪服は2着持っていますが、最初の1着を買うときにまず考えたのが、ファスナーが前にあるものはないだろうか?ということでした。というのもその少し前に知人の葬儀に参列する際、五十肩のため肩が上がらず背中のファスナーの上げ下ろしにひと苦労したからです。これから年齢的にも喪服を着る機会が増えるかもしれないけれど体はきっと硬くなるばかり…。着脱ぎのしやすいものはないかと、デパートのフォーマルコーナーで探しました。店員さんがおっしゃるには、私と同様、ファスナーの上げ下ろしが困難で、前開きを求める方って結構と多いんだそうです。特に私くらいの世代の方。ですから思ったより前開きの種類は豊富でした。前開きと言っても、ちゃんとファスナーは生地で隠れるようにできています。前開きは本当に便利でした。

その後もう1着買おうと思ったのは、ここ数年の夏の猛暑で、お盆参りの時がとても暑いことから。喪服って元々だいたいしっかりした生地でできていますし、アンサンブルで下はワンピースになっているので上着を脱げばいいとは言っても私の持っていたものはワンピースの袖が七分袖でちょっと暑苦しかったのです。少し涼しげなものはないだろうかと、その時はネットで探しました。

そうしたら、ワンピースの袖が半袖でレースの透け感のある生地になっていて見た目に涼しそうなものを見つけました。その時ふと思い出したのが、妹から聞いた「喪服はワンサイズ大きめを買うとよい」というデパート店員さんからのアドバイスでした。立ったり座ったりすることも多い仏事の席で、ジャストサイズのもの動きにくいからだそうです。前ボタンもきっち閉めますしね。確かに以前買ったもの、普段着とサイズは同じなのにボタンを閉めると結構体にぴったり来て、体が動かしにくかったんですよね。それで2着目はワンサイズ大きめにしてみました。そうしたら確かに動きやすいし、喪服ってゆったりめでおかしいということはないようですね。

前開きとワンサイズ大きめ、これがブラックフォーマルを選ぶ時のポイントかなと思います。